FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

深視力

大型免許や二種免許を取得する際には、視力検査のほかに深視力検査が行われます。
深視力とは、いわば立体感覚の検査なのですが、三杆法と呼ばれる方式で検査をします。

三本の棒のうち、真ん中の棒が前後に動きます。
左右の棒は、被検者から2.5mの位置に固定されています。
真ん中の棒が左右の棒と並んだと感じた場所を答える検査です。
syoumen.jpg



正面からだと分かりにくいので、横から見るとこんな感じです。

真ん中の棒が左右の棒よりも奥にある状態
oku.jpg

ほぼぴったり並んだ状態
pitari.jpg

真ん中の棒が左右の棒よりも手前にある状態
temae.jpg

三回計測をして、誤差(ぴったり並ぶ位置からどれだけずれているか)の合計が6cm以内、いいかえると3回の計測における誤差の平均が2cm以内であれば合格です。

多くの免許試験場や警察署では、視力検査もできる機能を持った機械が設置されています。
kowa.jpg

この機械は箱の中を覗き込むタイプで、箱の中の鏡を利用して、光学的に2.5mの検査距離を作り出しています。

最初にこの機械で検査をして、合格できない場合、据え置き型の機械を使います。
(置いていない施設もあります)
例えばこんな感じのものです。
dendou.jpg

この機械を2.5m離れたところに設置します。
箱の中を覗き込むタイプと違い、実空間で実像を見ることになります。

一般に、箱の中を覗くタイプより、こちらの機械のほうがわかりやすいと言われています。
私も、そのように感じました。
幾つかの理由が考えられますが、それについては割愛します。


当店では、深視力検査に合格できない人からの問い合わせが多くあります。
深視力検査が苦手な人というのは、幾つかの原因が考えられますが、原因によっては、メガネで解決することが可能です。
メガネで何とかなるか否かを、いろいろな検査をしてチェックし、深視力計を用いて検証します。

ただし、当店に用意してあるのは据え置き型の機械なので、覗き込むタイプの機械での成果についてはわかりません。
当店に用意がない以上、確認のしようがないですから。
あくまでも、据え置き型で合格することを目標にしていますから、覗き込むタイプでの合格を求めるかたのご期待にはこたえられませんので、ご了承ください。

当店での深視力測定に関する能書きは、こちらもご参照ください
  1. 2009/03/04(水) 23:34:36|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0