FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

メガネのレンズは、なにで拭くのがよいか

「レンズは、なにで拭いたらいいんですか」
お客様によく聞かれる質問です。

その質問に答えるにあたって、大前提となる作業があります。

それは「拭く前にレンズを水洗いする」ということです。
別の機会にお話しする予定ですが、お湯はいけません。
温度の定義があいまいなので、ぬるま湯も避けてもらいましょう。

蛇口をひねって出てきた水で洗う。
これが一番誤解のない表現でしょう。

なお、油汚れがひどい場合は、中性洗剤の併用も可です。
詳細は別の機会にしますが、石鹸やシャンプーはやめましょう。

なぜ、この作業が大事かというと、レンズ表面についたほこりや油分を拭く前に洗い流す必要があるからです。

油分はともかく、ほこりがついた状態でレンズを拭くと、ほこりの粒子でレンズにスーッと線状の傷が付くことがあります。
scrach1.jpg

ほこりをぬぐうつもりで拭いたのに、結果としてレンズに傷をつけるという、本末転倒な事態が生じるわけです。
ですから、「拭く前に水洗い」が、大事な作業になるのです。
間違っても「あ、ほこりがついた」と、ネクタイでゴシゴシ拭くようなことはやめましょう。

で、本題ですが、水洗いが済んだ状態から、なにで拭くかということです。

無難なのは、メガネレンズ専用のクロスでしょう。
メガネを買うと、ケースと一緒に布をくれると思います。
それです。
といっても、その布がほこりまみれ・油まみれでは意味がないので、汚れたら、洗濯して使ってください。

トレシーをはじめとする、販売用のメガネ拭きも、おしゃれな柄がいろいろ出回っています。
それらの利用も、もちろん可です。

もし、そういったたぐいのメガネ拭きが手元になかったら、どうするか。
私は、ティッシュペーパーで十分だと思っています。

「ティッシュはダメだと、別のメガネ屋さんで言われた」という声も聞きます。
「なんでティッシュで拭くんだ」と、私にどなり散らしたお客様もいます。

釈然としないかたもおられるかもしれませんが、手元にある、ホヤや東海光学の、レンズ取扱説明書には、水洗いしたのち、ティッシュで水気をとり、レンズ専用メガネ拭きで軽く拭いて仕上げる、という主旨のことが書かれています。

ここでは、メガネ拭きが手元になかったら、というときの話をしているわけですから、ティッシュの利用が少なくとも間違ってはいないということが、ご理解いただけるのではないかと思います。

極端なことをいえば、汚れや細かなチリがついたメガネ拭きよりも、箱から一枚引っ張り出したばかりのティッシュのほうが、よほどましではないかと私は考えます。

繰り返しますが、きれいなメガネ拭きが手元にあれば、それにこしたことはないわけです。
  1. 2009/03/01(日) 23:08:24|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0