FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

なんとなく買ってしまった柄

本日の柄。

元素周期表です。
tiechem.jpg
IMG_0736.jpg

高校2年の時、理科の授業は物理と化学のどちらかを選択せねばならず、バリバリの文系志望だった私は、どっちも興味がなかったのですが、どっちも履修しないというわけにもいかなかったので化学を選択しました。

授業中は、仕方なく椅子に座っていた記憶があります。

高校3年の時の理科の授業は、地学か生物のどちらかを選択することになっておりまして、今度はどちらも興味があったのですが、地学を選択しました。

例えば2年生の時に生物、3年生の時に地学といった履修ができればよかったのになぁ、と今でも思います。

そのくらい化学には愛着がないのですが、この柄を見たとき「珍しいから」という理由だけで、特に思い入れもなく購入してしまいました。

「自分(のイメージ)には合わないなぁ」と思いながら締めている、数少ない柄の一つです。

  1. 2009/06/05(金) 23:54:55|
  2. ネクタイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tweety

妻は、ハロー・キティのマニアです(サンリオキャラクターは全般に好きなようです)。
私は、マニアではありませんが、Tweety(トゥイーティー)がお気に入りです。
滞米中に、友人に洗脳(?)されたのが原因と思われます。

Tweetyというのは、ワーナーのアニメに出てくる、黄色いオスのカナリアです。
シルベスターという猫に、いつも狙われています。
「トムとジェリー」のジェリーと同じ役回りですね。

今日は、そのTweety柄。
Tweety柄は2本持っておりまして、そのうちの1本です。
tweetytie1.jpg

拡大すると
tweetytieup.jpg

Tweety好きではありますが、それほどグッズを持っているわけではありません。
携帯のストラップは、首から下がもげちゃったし、キーホルダータイプの小さな時計とか、DVDとか、クッションとか、そんな程度です。

ぬいぐるみも何個かありますね。

滞米中に捕獲した6羽
六匹

一番右端の大きいのは、部屋に置いておくと邪魔なので、車の後部座席に乗せたりしていましたが、アパートを引き払う時に、友人宅に引き取ってもらいました。
残りの5羽は連れて帰ってきております。
一番左端のちっこいのは、押すとしゃべるのです。
  1. 2009/05/17(日) 23:45:59|
  2. ネクタイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パンダ柄

久々のネクタイシリーズ。

本日はパンダでした。
spanda.jpg

拡大しますと
spandakaudai.jpg

このネクタイ、上代金額だか購入金額だかの何パーセントかがWWF(世界自然保護基金)に寄付されるシステムらしいのです。
WWFというのは、野生動物保護に関する活動をしている組織です。
詳しいことは知りませんが。

幼少のころ、それなりに大きなパンダのぬいぐるみをよく背負って遊んでいた記憶があります。
本物は、上野動物園に何度か見にいきましたね。
といっても、カンカンとランランを見たときの記憶は全くありません。
パンダ館に並んだ記憶はあるんですけどね。

記憶として残っているのは、ホアンホアンとトントンですかな。
笹の葉の上でゴロゴロしていたのを覚えています。
  1. 2009/04/18(土) 23:00:45|
  2. ネクタイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のネクタイ

こちらです。
tie.jpg

オプトメトリスト向けの柄となっております。

"What's the smallest line you can read?"
"Close your right eye"
などの検査に必要な会話文や単語、視力表などがプリントされています。

極めつけは、
anatomy.jpg

眼の解剖図入りです。

裏側の糸が、ほつれてきてしまったので、予備に一本購入しておこうかと検討中です。
  1. 2009/03/02(月) 23:16:38|
  2. ネクタイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日の柄

今日は、メガネシリーズの中の一本です。

glasses.jpg

拡大すると、こんな感じです。
up.jpg

メガネフレームと視力表とが描かれています。

初めのころは、地の色がきれいなクリーム色でしたが、ちょっと汚れてきたような気がします。
裏側と、微妙に色の明るさが違うので。。。

クリーニングに出したら、綺麗になるかしら。
メガネシリーズは貴重なので、大事にしませんと。
  1. 2009/02/09(月) 23:47:11|
  2. ネクタイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のネクタイ

どうということはないのですが、今日の柄はこんなのです。

tie1864.jpg

一部を拡大しますと
kakudai.jpg

19世紀中頃の、いろいろな物の絵が描かれています。
当時の百科事典には、こんな感じで写真の替わりに絵が掲載されていたのかも
しれません。

このネクタイは、新婚旅行という名目でいった婚前旅行でアメリカに行った際に、ポートランド国際空港内にある売店で買いました。

在米当時、この空港にはネクタイ屋さんがありまして、心の琴線にふれる珍しい品が並んでいました。
帰国するたびによく買い求めていたので、新婚旅行の時も、そのお店で買いまくろうと思っていたのです。

ところが、帰国便に乗る際に訪れてみると、どこにもお店がありません。
ここでネクタイは買うつもりでいたので、それまで一本も買っていませんでした。
まったくの想定外だったので、非常に困ってしまったわけです。
珍品を大量に仕入れてくるという目論見が、崩れ去ってしまいました。

ガックリして、売店をウロウロしていたら、申し訳程度にネクタイが売られておりまして、背に腹はかえられないとばかりに、2~3本購入したうちの1本です。

柄自体には、特別な思い入れはないのですが、購入に至ったストーリーに思い出深いものがある、そんな一品でございました。

幸いにして、現在は現地で販売されているネクタイを通販されているサイトを見つけたので、仕入れには事欠かなくなりました。
よかった、よかった。
  1. 2009/02/01(日) 21:42:48|
  2. ネクタイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

営業開始

2009年の営業が始まりました。

新年最初のネクタイは、干支にちなんでみました。

usi_convert_20090105204125.jpg

拡大しますと

kakudaiusi.jpg

牛でございます。

このレベルの柄のネクタイなら、日本で買えます。

十二支を全部揃えるといいつつ、8年が経ちました。
まだ幾つか足りません。

ちなみに私、牛乳飲めません。
下痢するわけでもなく、アレルギーでもなく、純粋に味がダメです。
中学1年までは、とりあえず学校で出る分は飲んでましたが、中学2年になってから拒否しました。

我慢して飲んでいたら、あと20cmくらいは身長が伸びていたでしょうか?
  1. 2009/01/05(月) 20:36:51|
  2. ネクタイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年に一度 その2

ネクタイを着用するようになって、十数年。

20世紀の間は、ネクタイ売り場で普通に売られているような柄を、コツコツと買いあさっていました。
といっても、自分のポリシーがありまして、縞模様と水玉模様に関しては、たとえどんなに流行っていても、頑なに着用を拒んできました。

そのポリシーが、留学してから変わることになります。
直接教わることがなかった教授でしたが、いつも変わった柄のネクタイをしていました。
見ていて、とても楽しかったんです。

それからは、普通のネクタイをするのは、やめました。
私の偏見ですが、アメリカ人は何でもないことでも、やたらと褒めます。

"Nice tie" "I like your tie" "Where did you get it ?"なんていう社交辞令に気を良くした私は、空港のネクタイショップや、お土産屋さん、百貨店などで、日本では売っていなさそうな柄を見つけては、コツコツ買いあさるようになりました。

帰国してからも、通販しているサイトを見つけたので、当面は仕入れに困りません。

そんな数あるコレクションの中で、年に一度、クリスマスのときにだけ着用するものがあります。

xmas2.jpg

サンタ柄です。

正確に言うと、おととしまでは24日と25日に着用していたのですが、去年お客様から一本プレゼントをいただいたので、クリスマス当日の着用になりました。

ちなみに、プレゼントしていただいたのは、こちらです。

xmas1.jpg

これはクリスマス・イヴ用にしています。

クリスマス用のネクタイは、7年使ったので、来年あたりは新柄を導入しようかと思案中であります。
  1. 2008/12/25(木) 21:28:45|
  2. ネクタイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ