FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

マイ・テープ

これは、音声録音・再生に用いられるカセットテープ。

IMG_0159.jpg

専用のプレイヤーに挿入して録音や再生をします。

IMG_0169aa.jpg
IMG_0166aa.jpg

今の若い衆の中には、見たことのない人がいるかもしれません。


私が子供のころ、音楽を聴くための主流はレコードでした。
昭和の終わりにはCDが出始め、ほどなくしてレコードよりもCDが一般的になっていったわけですが、上記のカセットテープは、時代が変わっても一定の需要がありました。

古くは、ラジオやテレビ番組の録音に。
録音用のデッキをテレビの前に持っていき、お気に入りの歌手の歌を録音していたら、家にいた家族の声が入って台無しになってしまった、なんてことは、多くの人が経験してきたことです。

「レンタルレコード・CD」ショップから借りてきたものをダビングするには、カセットテープを使うのが常套手段でした。
ウォークマンに代表される携帯用のカセットデッキやカーステレオで音楽を聞くのにも、カセットテープが必要だったのです。



カセットテープはプラスチックのケースに保管するのが常でしたが、

IMG_0164aa.jpg

ケースの背表紙に手書きではなく、レタリングシール(1文字ずつこすって転写させる)を使ってタイトルを記したり、

1402181l.jpg

表紙をアイドルバージョンにしたり、

1402182k.jpg
(↑ 2代目スケバン刑事 麻宮サキ)

若者はそれぞれ個性を発揮して、テープ作りを楽しんだものです。


また、カセットテープを用いるもう一つのメリットが「マイ・ディスク」ならぬ「マイ・テープ」をつくれることでした。
つまり、自分の好きな曲を順々にダビングして、お気に入りの一本を作るわけです。


大学生のころ、大学まで車で行くことがあったのですが、その時に車内で聞けるテープをつくろう、そんな目的で手掛け始めたのが「キベベ傑作選」でした。

ixy_20140218_01.jpg
(全19巻、大学時代は13巻まで。他に「キベベ傑作選 Great」が2巻あり)

大学までの片道が大体45分でしたので、90分テープを使用して、せっせとこしらえました。
私の車に同乗するときに否応なく聞かされることになる友人たちにも好評だったと思われる「傑作選」にどんな曲を入れていたのか、順にご紹介していくことにしたいと思います。

乞うご期待。





  1. 2014/02/18(火) 22:38:02|
  2. キベベ傑作選
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2