FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

小道具づくり

木曜日に小学校で行なう講義に使う小道具を作成中。

20181217230317c4b.jpeg

前回は、アルバイトという形で息子に作らせましたが、今回は数が少ないので、ひとりでチマチマ作っております。




  1. 2018/12/17(月) 23:54:27|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストリートビュー

新店舗での営業を開始してから、もうすぐ十か月になります。

これまで、グーグルストリートビューで、当店の場所をチェックすると、建築前の駐車場が出てきてしまうので、

221_2018052720514622b.jpg

早く切り変わってくれないかなと思っていたのですが、ようやく切り替わりました。

1812161.jpg

今年の8月撮影のようです。

シャッターが閉まっている時に写されたら嫌だなと思っていたので、その点は良かったのですが、営業中なのに駐車場に一台も車が止まっていないというのは、それはそれで恥ずかしかったりします。

次回の撮影に期待します。

まだ空撮は切り替わっていないですし、住所検索しても反映されてこないので、諸々落ち着くにはもう少し時間がかかりそうです。



  1. 2018/12/16(日) 23:50:12|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PayPayとか

話題になっているPayPayですが、期間限定とはいえ、クレジットカード払いならカード会社から差っ引かれる手数料が、PayPayなら
かからないというのは、販売店にとっては大きな魅力です。

手数料無料とまではいかなくても、現在利用しているカード決済システムよりも安く運営できるシステムも幾つかあるので、今情報を集めています。

買い物をするユーザーの立場からの情報はいろいろ手に入るのですが、実際に使っている店舗の目線での情報が入手しにくいのが困りものです。
店舗の立場での使い勝手とか、導入費用とか、何となくは掴めるものの、細かいところがわからずで。

営業のかたと話ができれば早いのですが、来てもらうと断りにくいという大人の事情もあったりしまして。

さて、どうしましょう。



  1. 2018/12/14(金) 23:50:11|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

12月も半ばに差し掛かってきますと、取引のある会社さんから、暮れのご挨拶ががあったりするわけですが、その際にカレンダーをいただくことが、年々少なくなってきました。
早い話が、コストカットということです。

もっとも、こちらとしても、いただいたカレンダーをすべて使えるわけではなく、余ったものは親戚に差し上げたりしているので、たくさんの会社からいただいても、それはそれで困ってしまう面もあるわけですが。

当店は、昔から、掛け軸型のカレンダーをご用意しています。

IMG_1350lk.jpg

毎年、楽しみにされているお客様も多く、製造元がなくならない限り、これからも続けていきたいと考えています。
一本あたり、それなりの金額はしますので、続けられるように努力します、というのが正しい表現かもしれません。

この時期にメガネのご注文をいただいたかたには、お入り用か否か、お尋ねしております。



  1. 2018/12/12(水) 23:40:34|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HPのその後

当店HPの検索ヒット件数が急落したまま回復しないという記事を以前アップしました。

現状の検索数の日別推移はこんな感じです。

1812071.jpg

二種類の線があるのは無視するとして、SSL化した直後はゼロですが、その後急上昇して暴落、二か月近く低域で推移して、ここ二ヶ月くらいは多少盛り返してはいるものの、まだまだです。
SSL化する前と比べると三分の一くらいに落ちていると思います。

SSL化が原因というよりも、ネット上にあふれる情報量が日々増加しているため、検索にかかりにくくなっているのは間違いないと思います。

最近はHPのメンテナンスができていないので、またいろいろと模索したみないといけません。



  1. 2018/12/07(金) 23:43:49|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近くて遠い届け先

当店は今年の2月に「座間市相武台1-34-23」から「相模原市南区相武台1-24-5」に移転をしたのですが、移転の距離は数メートルです。

道路を挟んだ向かいなので。

201812.jpg

上図の「新井眼科さん」のところが旧店舗です。


今の時期、いわゆる「お歳暮」が当店に届くことがあるのですが、座間市相武台の旧住所で送られてくることがポツポツあります。
この場合、座間市を管轄する配送センターにまずは送られるものの、既にその住所に当店が存在しないため、相模原市南区を管轄するセンターに送られてから配達となるので、二日ほど余分に日数がかかりますし、その分の配送料を請求されたりもします。

業者さんというかドライバーさんによっては、「座間市の住所ですけど」ということで、本来ならば相模原に回すところを、座間市の担当ドライバーさんが直接持ってきてくれることもあります。

困るのは配送センターから確認の電話が入った場合です。
既に相模原に移転している旨を伝えると、必ず「相模原に回すので」、といった話になります。

「指定の住所の向かいなのだから、持ってきていただくことはできませんか。ドライバーさんが反対側向けば、うちの店あるんですよ。っていうか、ドライバーさんは向かいにあることを知っていますよ。」という希望を伝えるものの「所定の住所に届けることが規則ですし、管轄が違ってしまうので、どうにもなりません」と、けんもほろろです。
そうですよね、マニュアルを守ることは基本ですよね。
それはよくわかります、わかるのですけど・・・

当店が配送先を間違えたのならともかく、(新住所を知っているはずの)送り主さんが旧住所のまま送っているわけで、当店のミスとは必ずしも言えませんし、規則はわかるのですが、業者さんにとっても余計な手間がかかるのですから、その辺は融通を利かせてもらえればと思うものの、なかなか難しいようです。

なので、「じゃあ、所定の住所にドライバーさんが着いたら電話をくださいよ。15秒で取りに行きますから。所定の住所で受け取れば問題ないんじゃないですか?」と食い下がるのですが、それもなかなか難しいらしく。
そうですよね、勝手なことをしてトラブルが起きても困りますものね。
それはよくわかります、わかるのですけど・・・

こうなると、もはや、当店がクレーマーです。

ということで、すったもんだすることがあるのです。

あとで送り主さんに、その旨伝えないといけないのは当然なのですが、「次は新住所で」と伝えるのは、「次回もよろしく」と催促しているようで、なかなか気を遣うものです。




  1. 2018/12/05(水) 23:42:08|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地元の新聞

相模経済新聞という地元の新聞で、当店を取り上げていただきました。

IMG_1343z.jpg

自己PRが苦手なので、記者さんもまとめるのに難儀したと思いますが、ウスカル・跳ね上げメガネ・深視力といったキーワードを入れていただけたので良かったです。

ほんのちょっとでも反響があると嬉しいですけれど、まぁそんなに甘くはないですね。

良い記念になりました。
ありがとうございました。


  1. 2018/12/03(月) 23:40:50|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歳末謝恩セール開催中です

当店は、いわゆる店頭クリスマスイルミネーションは行なっておりませんが、

EOS_2018_12_01_288.jpg

今年は新店舗になりましたので、

EOS_2018_12_01_292.jpg

ツリーと

EOS_2018_12_01_290.jpg

トナカイを導入しました。

EOS_2018_12_01_289.jpg

今年もあっという間に、残り一か月を切りました。

当店では30日まで、「歳末謝恩セール」を開催中です。

平時よりはお得にお買い物ができますので、ぜひ足をお運びください。




  1. 2018/12/02(日) 23:50:12|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

16日まで店長不在です。

認定補聴器技能者の第2期養成課程に出席のため、店長は明日12日(月)から16日(金)まで不在となります。

受験資格取得のため、最短4年を要する課程の2年目で、5日間の集中講義となります。
養成課程が新しい仕組みに変わってから、早い時期に受験をしたいとは思っていたのですが、受験資格を取得するために、私にとっては幾つか高いハードルがありまして、その一つがこの第2期養成課程でした。

息子が幼く、営業時間のすべてを妻に託すことを、5日間、実質4営業日、続けることが困難だったからです。

ここにきて息子も大きくなってきましたから、何とかなるだろうということと、私の記憶力が衰えてきていることから、これ以上先延ばしにすることは得策ではないと判断いたしました。
最短でも、最終試験の受験時は49歳ですから、今よりもさらに劣化しているわけで。
第1期修了試験の勉強をしているときですら「何で、この程度のことが覚えられないんだろう」と、唖然としたくらいですから。


ということで、不在の間は、私でないとできない業務に関しては、どうにもなりません。

具体的には、

・補聴器の販売・調整
・レンズを生かしてのフレーム交換即日仕上げ
・バネ丁番の修理
・跳ね上げフレーム跳ね上げ部のメンテナンス
・アーレンシンドローム関連のご相談

他にもあるとは思いますが。

レンズ加工については、メーカー在庫レンズであっても、日数に余裕をいただきます。
メールの返信についても、猶予をいただきます。

ご来店時、タイミングが悪いと、お待たせする時間が長くなることもありますので、ご了承ください。

その他、ご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、遊びに行くわけではありませんので、何卒ご容赦願います。



  1. 2018/11/11(日) 17:15:39|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インスタグラム その後

やってみようかどうしようか考えていたインスタグラムですが、お店の情報のみを流すために、プライベートとは違うアカウントを作ることに成功したので、とりあえず稼働させてみることにしました。

20181109.jpg


https://www.instagram.com/opt_isshindo/

どこまで使いこなせるかわかりませんが・・・

マメに投稿する自信はありませんが、無理のない範囲で努力したいと思います。





  1. 2018/11/09(金) 23:50:50|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カタログ

眼鏡関連小物・消耗品等のカタログです。

ixy_20181107_001.jpg

小売店向けのもので、年に一回ないし二年に一回送られてきます。

こういう冊子タイプだと、新商品が出たときは追補版(ペラペラの紙)が送られてくることになり、管理がちょっと面倒になったりもしますが、パソコンやタブレットでwebカタログを見るよりも、見やすいし、探しやすかったりします。
(私の場合)

一方、フレームの紙ベースのカタログというのは、最近はほとんど見なくなりました。
中には、送ってくださるところもありますが。

ixy_20181107_002.jpg

お客様から、フレームのカタログはないのですか、と聞かれることがありますが、ネットで見られるようになっているブランドが、今は多いです。

ネットの場合は、現行モデルのみを載せることができるので、ユーザーさんが閲覧するには具合がいいと思います。
保管する場所も取らず、印刷する経費も掛からず、メリットは多いと思います。

ですが、小売店が、昔のモデルを検索しようとしても(たとえば販売記録に品番は記載していても、どんなデザインだったかをおホセえていない場合)、ネットのカタログだと削除されてしまって分からないことが多いです。
もちろん、古いカタログを捨ててしまっていたら、紙ベースのカタログでも同じことですが。


紙・ネット、それぞれ一長一短あると思いますが、フレームの色味は、現物を見ないと正確にはわからないという点ではどちらも一緒かと思います。


  1. 2018/11/07(水) 23:40:50|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のぼり

当店店頭左端に補聴器の「のぼり」を立てているのですが、

EOS_2018_09_16_258.jpg

なんでそんな目立たないところに置いているかというと、普通に立てると

ixy_20181031_001.jpg

風に吹かれて、のぼりが反転してしまうことが多いので、

ixy_20181031_002.jpg

反転しないように、壁面のパイプを利用して、のぼりを通している横棒を押さえる必要があるからです。

EOS_2018_09_16_258_2018103123035977c.jpg


風向きによっては反転しないこともあるわけですが、ほとんどと言っていいくらい反転してしまいます。
ポールに通すためにのぼりについている輪っかがのぼりの右側にあればよいと思うのですが、この輪っかは左側につけるのが一銀的なようです。

そこで、古くからお付き合いのある布団屋さんにお願いして、輪っかを左から右に付け替えていただきました。
「サンクロ」さん、ありがとうございました。

左についている輪っかを外して、

ixy_20181031_003.jpg

反対に移植する、

ixy_20181031_004.jpg

と、こうなります。

ixy_20181031_005.jpg

風に吹かれても反転しません。

おかげで、もう少し店舗入り口寄りに置くことができるようになりました。


が、気が付くと、反転していました。

ixy_20181031_006.jpg

失敗か??




  1. 2018/10/31(水) 23:49:59|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古い機械

レンズの面取りをはじめとして、手作業でレンズを削る時に使う機械があるのですが、現在当店で使っているのがこちら。

IMG_1315.jpg

私が当店で働き始めたときは、こちらを使っていました。

ixy_20181019_002.jpg

が、私にとっては使い勝手が悪かったので、買い替えたのです。

何が違うかというと、

旧機械の砥石

ixy_20181019_006.jpg

今の機械の砥石

ixy_20181019_005.jpg

旧機械には、ヤゲンの修正ができるV溝がなかったのです。
必要な時は加工機のV溝を使っていたそうなのですが、私は慣れていないので、何度か失敗しました。

新しい機械に代わってから、ずっとしまっていたのですが、このたび復活しました。
というのは、砥石の切削性能が違うため、旧機械のほうが具合のいい場合があることに気が付いたからです。

ただ、この機械を置くことを想定して加工場のスペースを作ったわけではないので、常設する場所がありません。
必要に応じて、引っ張り出す感じになるのは面倒ですが、廃棄せずに残しておいてよかったと思います。





  1. 2018/10/24(水) 23:55:40|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの削りカス

レンズを加工機で削りますと、

ixy_20181017_001.jpg

削りカスが出ます。

眼鏡学校のカリキュラムでレンズ工場見学へ行ったとき、何か質問はないかと聞かれ、レンズの削りカスを何かに利用することはできないのかと問うたところ、特に何もしていないということでした。
20世紀末の話です。


今、当店では、たまったカスを、所定の容器に入れ、

ixy_20181017_004.jpg

容器いっぱいになったら契約している産廃処理業者さんに連絡をして引き取ってもらうようにしています。
削りカスだけでなく、フレームや不要レンズも一緒で構いません。

引き取られたものは溶解され、再資源化されるという仕組みです。
(メガネフレームやレンズの原料になるわけではありません。)





  1. 2018/10/17(水) 23:50:55|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チェーン店と個人店 その1

当店に来られるお客様からは「チェーン店には、行きたくない」といった趣旨のことを聞くことが少なくありません。
「じっくりと相談に乗ってもらいたい」というご要望が根底にあるかたに多いです。

では、チェーン店は実際にじっくり相談に乗ってもらえないのか、というと決してすべてのチェーン店がそうではないはずです。

ただ、転勤で従業員が変わってしまったり、シフト制で出勤していない日時があったり、といったことはありますから、いつ行っても同じ人と相談ができるわけではないという、多店舗展開ならではの問題点などから、そういうイメージを持たれやすいというのは、あるかもしれません。

逆にいうと、わざわざ徒歩圏外から(来店動機から地理的要因を取っ払って)個人店に足を運ばれるお客様は、そういう部分を求められていることが多いとも考えられます。

無論、単に「じっくり話を聞けば」それでよいわけではなく、きちんと解決策を見出さなければならないのは当然なのですが、何が言いたいのかというと、「個人店はお客様からの期待度がハンパなく高いのだ」と、よくよく肝に銘じておかねばならないということです。

自戒の念を込めて、記してみました。



  1. 2018/10/09(火) 23:50:48|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレジットカード決済

あるお店で1万円の買い物をして、クレジットカードで支払ったとします。
クレジットカードによっては、それによってポイントが付いたりして、現金で買うよりも得しちゃった、みたいなことになることもあるのですが、支払われたお店側にとってはどうなのでしょう。

1万円の商品を現金でお売りしたのなら、お店には即1万円が入ります。
クレジットカード払いでお売りしますと、その時点では、お店は商品を渡しただけで、お金は手に入りません。
契約によって異なりますが、何日後とか、毎月何日とかに、指定の口座に入金されるのが一般的です。

入金されるまでは、いくら売っても売っても、手元には一銭も入らないということです。

それから、入金される金額ですが、1万円でお売りしたからといって1万円が入金されるわけではありません。
契約によって異なりますが、手数料を引かれた金額が入金されます。
たとえば手数料が5%だったら、9500円の入金となります。

つまり、値引きをするつもりがなくても、結果として5%値引きして売ったのと、お店に入る金額は同じことになります。

したがって、お店側にとっては、クレジットカードで支払われると、現金で支払われるよりも損なことが多いわけです。
値切りに値切られた挙句、クレジットカードで支払われたりしたら、お店としては泣きたくなるかもしれません。

それでも、クレジットカード払いを受け付けないことによって生じる機会ロス(カードが使えないという理由で買っていただけない)を考えると、クレジットカード払いを扱ったほうがトータル的にプラスになるとの考えで、多くのお店はクレジットカード払いを扱っているのが現状かと思います。

お店によって、現金払いだと何%かの割引があったり、金額や商品によってはクレジットカードの使用を受け付けなかったりするのは、そうした背景もあるのだと思います。


当店では、たいていのクレジットカードの取り扱いがありますが、極めて少額のお支払いの場合や、粗利がほとんど得られない商品・修理等に関しては、現金でのお支払いにご協力をいただくことがあります。

通常のメガネ一式やフレーム・レンズのご購入に関しては、問題なくカード払いをご利用いただけますので、ご安心ください。
まぁ、本音を申し上げると現金払いのほうが嬉しいのですが、「現金払いならその分値引きします」ということはしておりませんので、あらかじめご了承くださいませ。



  1. 2018/10/08(月) 23:53:34|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HPの不具合

当店のHP、検索順位が下がったまま浮上せず、右肩下がりで下降している感じで、不安な日々を過ごしています。

何をどうすればいいのかわかりませんが、HPの構造そのものに問題があるようで、「モバイルフレンドリーテスト」をしてみると、読み込みエラーが出るページがほとんどです。

中には、スマホではちゃんと見られるのに、「モバイルフレンドリーではありません」と診断されてしまうページもあります。

sdf.jpg

グーグルサーチコンソールにおいては、軽微なエラーの場合は、一応「モバイルフレンドリー」とみなされてはいるようなのですが、フレンドリーテストで読み込みエラーが出ないのが完璧なサイトなわけで、エラーの許容値がさらに厳しくなったら、もっと順位が下がってしまうことになりそうです。

画像のないページだと、エラーが出ないことが多いので、画像がよくないのかと、サイズを縮小したりいろいろやってみても、改善しません。

「ここを直せばいいんだよ」と教えてくれればいいのですが、そんな気の利いたことをしてくれるはずもなく、一から作り直さないといけないのかとか考えていたら、疲れてしまいました。

ユーザーさんが普通に閲覧できればいいとは思うのですが、検索に引っかかってのHPですから、これからどうしたらいいか、考えないといけません。



  1. 2018/09/17(月) 23:45:30|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何曜日が空いていますか?

当店は予約制にしていないので、何曜日・何時ごろが空いていますか?と聞かれることがあるのですが、お答えのしようがないのですよね。
空いているときは一日中空いていますし、混んでいるときは開店前から途切れないこともあるので・・・
まぁ、一日途切れないような大ブレイクの日は、そうそうあることではありません。

先日来られたお客様は、すんなり応対を開始できたのですが、「次から次へとお客さんが来るんだと思ってた」と言われました。
毎日、次から次へと来られるようになったら、今のように時間をかけた応対がやりにくくりますから、そのときは予約制もアリだとは思いますが、利便性を損なうというマイナス要因も大きいので、私の性格ではなかなか難しい問題です。


ご商売をやられているかたはわかると思うのですが、さっきまで暇だったのに急に立て込んで、また暇になり、「ばらけて来てくれれば全く問題なかったのに」と思うというのはよくある話です。
お客様の動向は、予測がつきません。

当店の傾向で申し上げますと、平日は当店で過去にご購入いただいたことのあるかたが多いです。
地元のご年配のかたは、ほとんど平日に来られます。
過去の履歴があると、検査・レンズ選び等に費やす時間を短縮できることが多いです。
したがって、お客様が重なってしまっても、お待たせする時間が少なくて済みます。

日曜・祝日は、当店を初めてご利用になるかたが多くなります。
この場合、一人一人のお客様に要する時間は長くなります。
地元のご年配のかたの来店確率が下がるので、お客様が重なる可能性も下がりますが、重なってしまったときはお待たせする時間が長くなります。

土曜は平日と日曜・祝日の中間くらいです。
全く読めません。

じゃあ、いつなら空いているのさ、という問いに対しては結局お答えができないことになりますが、私と妻のどちらかが完全に不在の日(HPに記載しています)は避けていただいて、あとは「運」だと思います。

いつ来られてもお待たせしてしまうかた(いつも混んでますね、と言われます)がおられる一方、
いつ来られてもお待たせしないかた(ここは静かね、と言われます)もおられます。

空いてたら「ラッキー」と思ってください。

お待たせしてしまったら、ごめんなさい、です。

予約制にせざるを得ないくらい、次から次へとお客様が来てくださる店になるよう頑張ります。


  1. 2018/09/15(土) 23:50:15|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相性の悪いかた

お客様からの質問は、えてして漠然としたもの、正解が1つとは必ずしも限らないもの、が少なくありません。

たとえば、「○○はできますか?」という質問に対して、「できます」と答えられれば簡単ですが、「○○の場合はできます」「物理的に可能ですが、○○といった問題が起きます」などと、注釈が付くことが多くなります。

誤解を招かないためには、さまざまな可能性を踏まえて返答することが、あとあと無用なトラブルが生じることを回避できると私は考えているため、どうしても質問に対して簡潔に答えることが苦手です。

なので、(私から見れば)短絡的な回答を欲されるかたとの相性は悪いです。
特に電話では、その傾向が強いです。
短絡的であっても、知識のないかたにとっては、それで十分だったりすることもあるとは思うのですが。


先日のお電話での質問は・・・
(以下、詳細部分は数値をぼかしたり、変えています)

・自分は60代
・5年前の度数が-5.5Dで、先日の度数が-7.5Dだった
・60代で-7.5Dというのは、妥当なのか?

というもの。

多分、このかたにとってのベストアンサーは、

「妥当です」

ベターアンサーは、

「年齢別に、これくらいの度数が多いといった統計は存じ上げません。60代で-2Dの人もいれば、-10Dの人もいます。-7.
5Dであっても、問題はないと思いますよ」

といった感じだったのかもしれません。


実際のところ、「妥当か」という問いに対しては、妥当とみなす定義がわからないので、答えにくいです。

また、「-7.5Dであっても、問題はないと思いますよ」と前述しましたが、このかたは比較的度数の変化が緩やかになるはずの年代なのに、5年間で2Dの近視化が起きています。
ここで気にしないといけないのは眼疾患と矯正視力です。

ですから、「眼科で眼疾患の有無を診察した結果、眼疾患がなく、良好な矯正視力が得られているのであれば、-7.5Dであっても、問題はないと思いますよ」というのが、より正しい言いかたになります。

ですので、できる限り誤解がないよう、背景をいろいろとお伺いしたのですが、その結果・・・

「自分が聞きたいのは、妥当なのか、ということだ。もうお宅には聞かない(行かない?来ない?よく聞き取れませんでした)からいい。」ということでガチャ切りされました。
当店のお客様であったのなら、これで1世帯プラスアルファの顧客を失なったことになります。

ご希望に添う回答を最短ルートでできなかったのは、私に問題があるのは百も承知しています。
あえて乱暴ないいかたをすると、短絡的に「妥当だと思いますよ。今、他のお客素様の応対中なので、申し訳ありません。」とあしらってしまえば済んだのかもしれません。

でも、私はそういう応対・説明はしたくないし、「妥当」の定義もわからないのに、妥当だと言うこともできないのです。
不器用な人間ですので、限られた情報から相手の求める言葉を端的に返すことはできません。
ブログも長文になります。

それが私の特性であるということをお含みいただいた上で、ご質問・ご来店いただくと、お互いにハッピーではないかと思います。
よろしくお願いいたします。




  1. 2018/09/01(土) 23:55:39|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノート

レンズを注文・加工するにあたり、計算が必要な事項が生じたのですが、滅多にやらない計算なので、やり方を忘れてしまいました。
計算を間違えると、とんでもないことになってしまうので、眼鏡学校時代のノートを開きました。

ixy_20180826_003.jpg

20年前のものです。

眼鏡学校時代やパシフィック大学時代のノートやプリント、それなりの量があるのですが、全部紙なんですよね。
火災に遭ったら、消失するか、水浸しになってしまいます。

パシフィックの特に大事なノートは全部コピーを取って、別に保管していますが、眼鏡学校のノートもコピーというか、今の時代ならデジタル化したほうが安心です。

それを言い出したら、アルバムやらなんやらも同じなのですが、わかっていてもやる気になれれません。
事故・災害が起こらないことを願うばかりです。




  1. 2018/08/26(日) 23:50:59|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad