FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

父の日 2019

母の日はカーネーション、父の日はウナギ、と決めていますので、今年もウナギをお取り寄せしました。

ixy_20190616_002.jpg

毎年同じことを書いていますが、元気でいてくれることに感謝です。

来年のウナギも楽しみにしていてください。


  1. 2019/06/16(日) 23:55:42|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日のウォーキング

自己満足企画「箱根駅伝往路を歩く」。
まだ4区が残っておりまして、今月20日、天候によっては27日に挙行する予定で、かねてより調整をしておりました。

問題は右股関節の状態が一向に良くならないことなのですが、良くなるのを待っていたら、多分永遠に挙行できないような気がするので、あとのことは考えず、行っちゃうことにしたのであります。

昨日は、最後の調整ということで10kmウォーキングを企てておりました。
ところが、おとといの営業時間中、深視力計をセッティングしようとキャスターのついたテーブルを少し引いただけで腰を痛めました。
腰というより、右股関節というか右仙腸関節というか、要するに普段感じている違和感が増悪したのでございます。

この状態で10km歩いて、翌週大丈夫なのかと思うものの、ここで歩いておかないと2週もしくは3週歩かずに24kmを歩くことになりますので、あとのことは考えず、行っちゃうことにしたのであります。

スタートはJR横浜線の矢部駅。

ixy_20190613_001.jpg

1500mほどで、店舗用品を手広く扱う「ミヤモト」さんに。

ixy_20190613_002.jpg

ここで必要なものを購入し、再び出発。

車でJR相模原駅方面に行くときや、中大多摩キャンパスに行くときに必ず通る「星が丘」の交差点を通過して、

ixy_20190613_003.jpg

県道507号、通称村富線をひたすら歩きます。

ixy_20190613_004.jpg

片側二車線で、そこそこ流れがあり、右折帯のないところで右折待機している車があったりするので、運転免許取り立ての人が状況判断の鍛錬をするには都合の良い道路です。

左手に、新千円札の肖像になる北里柴三郎博士に縁のある北里大学病院が見えてくると、

ixy_20190613_005.jpg

片側二車線が、片側一車線になります。

ixy_20190613_006.jpg

ここまでで5km。
知らない道を歩くのと違い、よく知っている道を歩くのは新鮮味がありません。

相模原市内の中学校の部活で室内競技をやっている生徒なら、一度は来たことがあるであろう「相模原市総合体育館」。

ixy_20190613_007.jpg

今年の4月から、相模原市に本社のある株式会社ギオンさんが命名権を取って、「ギオンアリーナ」となりました。
今月23日に全日本大学駅伝関東地区予選会が開催される「ギオンスタジアム」もこの近くです。

この片側1車線のエリアは、車で走ることはあまりありません。
裏道を使ってしまうので。

高校の時、毎日自転車で爆走していたエリアに入ります。

ixy_20190613_008.jpg

30年経つと、様子がだいぶ変わります。

高校の帰りによく立ち寄っていた「文教堂書店」さん。
3年前に通った時は営業されていたのですが、別の施設に変わっていました。

ixy_20190613_009.jpg

本来は、このまま直進して、座間温泉による予定だったのですが、

ixy_20190613_010.jpg

股関節の状態が既によくなく、サウナで動けなくなっても困るので、おとなしく帰宅することにしました。
距離的にはほとんど変わらないので、10km歩くという目的は達せますから。

相武台グリーンーパークの水場で佇む亀たち。

ixy_20190613_011.jpg

私が子供のころにいた亀かどうかはわかりません。


帰宅してから、着替えのシャツをリュックに入れていなかったことに気が付きました。
あのまま座間温泉に行っていたら、汗びっしょりのシャツを着て帰る羽目になっていたので、真っすぐ帰ってきて正解だったかなと。


10kmウォーキングで股関節の痛みがこのレベルだと、4区の後半は気合で乗り切るしかなさそうです。
あとのことは考えず、行ってきます。







  1. 2019/06/14(金) 22:53:29|
  2. ウォーキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第7回 名古屋ビジョントレーニング研究会

毎年、夏の恒例となりました、視覚トレーニング協会主催の「第7回名古屋ビジョントレーニング研究会」が、7月30日(火)に開催されます。

会場は昨年と同じく、名古屋国際会議場です。
今年も多彩な講師陣をそろえて、皆様のご参加をお待ちいたしております。

今回は、視覚の発達に極めて重要な「体つくり」にウェイトを置いた内容となっております。
どこが眼と関係があるのかと思われてしまいがちですが、視覚は「眼」「脳」のみで成り立つものではありません。
「ビジョントレーニング=眼球運動トレーニング」と短絡的に理解されているかたも少なくないように感じますが、決してそうではないということ、「ビジョン」の奥の深さを実感していただけるかと思います。


私は例年通り、総合司会ということで参加します。
そろそろ、「お前の司会には飽きた」と言われそうですが。

お申し込みは、下記ホームページよりお願いします。
第7回名古屋ビジョントレーニング研究会HP

また、毎回同じですが、ご参加対象は、教育・療育・医療関係者ならびに療育等に通われているお子様の保護者、とさせていただいておりますので、ご了承くださいませ。


  1. 2019/06/09(日) 22:13:14|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

座間市デビュー

昨日は、座間市発達支援親の会「ルミエール」さんの講演会にお呼ばれしました。

ixy_20190606_001.jpg

ixy_20190606_002.jpg

いつも同じタイトルですが、タイトルを幾ら変えようが、内容は同じなので。

このテーマを座間市でお話しするのは初めてです。
また、いつもは学校の先生がたを対象にお話ししていましたが、保護者のかたをメインにお話しするのも初めてです。

スライドを幾つか入れ替えたり、割愛したりして調整をしましたが、いろいろな背景を持つお子さんの親御さんすべてに合致させる話をすることは難しく、配慮に欠けた点もあったかと思います。
たとえば、粗大運動のトレーニングを幾ら推奨しても、肢体不自由であればどうにもならないこともあるわけで。

また、幾らビジョントレーニングを推奨しても、その受け皿となる施設が絶対的に少ないです。
当店で対応できればよい(しなくてはならない)のですが、依然として機能不全のままですし。
現状はご家庭で取り組める参考書籍を紹介するくらいしかできません。
ここが最大の課題かと。

中途半端な状態であることは否めませんが、少しでも保護者のかたや先生がたに「気づき」を与えることができればと思っております。

ixy_20190606_003.jpg



  1. 2019/06/07(金) 23:38:34|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オカダヤさんとユザワヤさん

結局今月はほとんど更新ができませんでした。
気を遣うメールの返信や、来月の講義の準備、その他いろいろと時間を要する作業が多く、ブログまで手が回っておりません・・・


来月、「見る力」についての講義をするにあたって必要な小道具を作るため、先週の定休日にウォーキングがてら町田のオカダヤさんへ、ビーズを買いに行きました。

ふだん来店されたお客様にお渡ししているビーズよりも若干小さいビーズのほうが、ほんの少しコストダウンになるので、今後は講義用は小さいものにしようと何袋かまとめて買ってきました。

が、作ってみると、ふだんのサイズのほうが良いような気がしてきました。

今回は作ってしまったので小さいサイズにしますが、以後は普段のサイズにしようと考え直し、昨日ウォーキングがてらに再訪し交換していただきました。

20190531232230111.jpeg

レジのお姉さんの隣で、商品を袋にいれてくださるお姉さんが、手芸のパンフレットを同梱しようとしたのですが、レジのお姉さんに制されていました。
「無駄なことはするな」ということでしょう。
正解です。

さて、上記のビーズ、いつもオカダヤさんで買っているのですが、町田にはユザワヤさんもありまして、どちらで買ったかわからなくなることがあります。
(頻繁に足を運ぶわけではないので・・・)

先週もわからなくなり、ユザワヤさんだった気がするなぁと、最初に行ったものの、お目当てのものが見当たらず、オカダヤさんに行ったら売っておりました。

ちなみに昨日は最初からオカダヤさんへ行きました。
そこまで耄碌はしていませんので。





  1. 2019/05/31(金) 23:43:14|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眼科受診をお願いするケース

今のメガネが(もしくは裸眼で)見えにくくなってきたので、ということで、当店での度数測定の上でメガネの作製をご希望されるというのは、普通にみられるパターンです。

しかし、測定した結果、どちらかの、もしくは両方の眼の矯正視力の向上が芳しくないということがあります。

以前にも当店でお調べしている場合は、前回の矯正視力と今回の矯正視力とを比較することが容易です。
前回1.2の矯正視力が出ていたのに、今回は0.6までしか上がらない、というような場合、見えにくい原因は単純な度数の変化とは考えにくく、根本に眼疾患があることを想定するのが普通です。

したがいまして、メガネを作る前に眼科受診をお勧めすることになります。

当店での測定が初めての場合は、前回との比較ができません。
矯正視力が、たとえば0.8にしかならない場合、元々0.8がそのかたの最高視力なのか否かは、わかりません。
しかしながら、前に比べて見えにくいということで来られていて、測定した結果、前と比べてたいして変化がないのであれば、それはやはりおかしいでしょう。

ですから、やはり眼科受診をお勧めすることになります。

「見えにくい」という主訴で来られた場合、度数を変えても主訴の解決にならないわけですから、メガネを変える意味もないですので、眼科受診を受けいれていただきやすいです。


一方、「フレームに飽きてしまった」「レンズが傷んできた」「なくしてしまった」といった主訴でメガネを新調するにあたって度数測定をした結果が芳しくなかったという場合は、少々勝手が異なります。

基本的には、まず眼科受診をお勧めしますが、「見えかたには不自由していないから」「ないと困るから、早く欲しい」等々言われてしまうこともあります。
そうしたときに「眼科受診をしていただかないと、おつくりできません」と言うのも一つのスタイルだと思います。

ですが、私の場合は「このままおつくりしますけど、眼科さんには行ってくださいね」とお伝えすることが多いです。
(無論、ケースバイケースで、眼科受診を最優先させることはありますよ。)
商人としてお客様のご要望に添いつつ、最低限の職業倫理を満たそうとすると、そういった形にさぜるを得ないようには感じます。
ご注文を受けたあと、「家族に、眼科に行ったほうがいいと言われたから、キャンセルしたい」と言われることもあったりしますが、それで被る損失は、やむを得ないものだと割り切るしかありません。

先日、眼科受診をお勧めしたお客様は、診断の結果、眼底出血でした。
診断の結果、「疾患はあるけれど、メガネは作って構わない」ということであれば、こちらも安心です。
受診をお勧めした場合は、足を運んでいただけると幸甚です。




  1. 2019/05/14(火) 23:44:20|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

母の日 2019

母の日のプレゼントはカーネーションをメインとした花束と決めているのですが、いつもお願いしているご近所のお花屋さんが事情によりしばらくお休みされています。

なので、別のお店で手配したアレンジメントを。

ixy_20190512_004.jpg

ただいま売り場に陳列中。


「息子の母」には、私の母よりもチープなものを進呈していましたが、そういった事情で駅前のスーパーで売られていたものを。

ixy_20190512_006.jpg

とはいっても、これではチープすぎるので、コンビニスイーツを幾つか付け加えて価格的なバランスを保ちました。


来年は、いつものお店で、いつものように買えることを願っています。




  1. 2019/05/12(日) 23:55:27|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad