FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

マスク

私は「不織布派」です。
去年、マスク不足になった時期も、備蓄の不織布マスクで何とかしのいできました。

今は、マスク不足だった頃が嘘みたいにさまざまなマスクが店頭に並んでいます。
選び放題とも言えるわけですが、私がマスクを選ぶ基準は一つ。
「耳が痛くなりにくいもの」です。

私は平均的な日本人よりも顔が大きく、どうしても長時間マスクを装着していると耳が痛くなってきてしまいます。
当店に「大きいメガネ」を買いに来られるお客様の中には、市販のマスクでは対応できず自作の布マスクを使われているかたもおられますが、私はそこまで顔が大きくはないので、市販品の中で使えるものを探しています。

コロナ禍の前によく買い求めていたものがあったのですが、ちょっとお高いので、毎日使うには厳しいものがあり、もう少し低コストのものをいろいろ試してみました。

私の場合、通勤時間はほとんどないに等しいので、店にいる14~15時間に耐えられれば良いわけですが(帰宅時にマスクは廃棄しますので)、なかなか満足いくものに出会えません。

これならいいな、と思うものでも、個体差があったり(早い時間に痛くなってしまうものが混じっている)、時間が経つにつれて毛羽立ってきて口周りが不快になってきたりしてしまいます。

そんな中で、今常用しているものが「Fitty シルキータッチ」です。

EOS_2021_09_12_997 (2)

決してお安いものではないのですが、お安くても痛くて装着ができないのでは意味があませんので、命を守るための投資と割り切っています。

休みの日とか、病院に行ったりするときなど、装用時間が短かったり、こまめに交換する必要がある時などは、箱で売っているお安いものを使います。

外出時のカバンの中には、「Fitty」よりは安価で、そこそこ満足できるものを非常用にしのばせています。

ちなみに「中大ロゴ入りマスク」というのも売られていて興味はあるのですが、不織布ではありません。
不織布マスクの上に重ねて使えばいいかなと思ったりしていますが、多分耳が痛くなりそうな気がするのと、色がイマイチ(スクールカラーの紺に赤のロゴ)なので、今のところ導入の予定はありません。

「グレーに赤のロゴ」が新色で出たようですが、白地に赤ロゴもしくは赤地に白ロゴの予定はないでしょうか?
来春の箱根で使いたいので、ご検討をよろしくお願いします。



  1. 2021/09/12(日) 21:32:13|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相模原市 サンキューキャンペーン

昨日、二回目のファイザーワクチン接種を終えた私、発熱はないものの腕の痛みは一回目より感じます。
私は体調のピークを1月2日・3日に合わせており、それ以外の日は体の切れが悪いので、気のせいかもしれませんが、いつも以上に体が重たいため、今日は早めに退店することにしたいと思います。

それはさておき、本日から30日まで、相模原市では、市内に住民登録をされているかたを対象に、第2弾のキャッシュバックキャンペーンを行なっています。

対象店舗で10,000円以上のお買い上げをされることで、2,000円のキャッシュバックが得られます。
お一人一回しか対応していませんので、微々たる金額ではありますが、この機会にご利用されてはと思います。

当店も対象店舗になっておりますので、ご利用をお待ちいたしております。

さがみはら サンキューキャンペーン



  1. 2021/09/01(水) 20:22:07|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワクチン接種

これから、新型コロナウイルスワクチン(ファイザー)の2回目接種に行ってまいります。

副反応や危険性について、いろいろ情報が錯綜しております。
当たり前ですが、この後、私の身に何が起こるが、全く予測がつきません。

明日については予約を受けておりません。
営業状況については、お手数でも「電話」でご確認をお願いします。
電話をいただいても反応がない場合、お察しください。

あさっては定休日ですが、金曜以降も突然の休業になる可能性はございます。
ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、なにとぞご容赦くださいませ。
  1. 2021/08/31(火) 15:30:28|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小学校生活最後の運動会

というわけで(どういうわけだかわからないかたが多いでしょうが)、息子の意向を汲んで運動会の話をアップしたいと思います。

息子が保育園時代の運動会は、ビデオを見る限りにおいては、かけっこ以外は積極的に参加しているという感じではなかったので、小学校の運動会はどうかなと思っていました。

ところが、小学校生活初めての運動会、ノリノリで応援合戦に参加している姿をビデオで見て驚いたのを覚えています。
私は徒競走で1等になるのが運動会の楽しみでしたが、2年生以降の徒競走ではパッとしなかった息子にとって、運動会の楽しさって何なのだろうなと思いつつ、「6年生になったら応援団長やったら?」なんて言っていました。

そうしましたら、過日、小学校生活最後の運動会で息子は応援団長になりました。
コロナ禍ですので昨年同様に応援合戦はないのですが、競技中に応援の指揮を執ります。
一番の大仕事は開会式での選手宣誓、そして閉会式での優勝杯か準優勝杯の受け取りです。

無観客で開催する学校もある中、息子の小学校では校内に入れるのは各家庭2名限定。
過去5回の運動会、徒競走の時だけ私は店を抜けて見に行きましたが、父は一度も見に行くことなく店にいましたので、今回については妻と父に校内へ入ってもらうことにしました。
母は息子の出番の時だけ赴いて、フェンスの外から見学です。

私はというと、あまり言いたくないですが、今回だけは事情が事情なので、半日店を閉めさせてもらって、やはりフェンスの外から見届けることにしました。
私のビデオカメラは妻に持たせたので、私は実家にあったビデオカメラを拝借。
ズームを使えば特に支障はありません。
iPadも駆使しながらの撮影です。

選手宣誓、もっとたくさんの人たちの前でやらせてあげたかったな。
息子は声が大きくて通るので、思いっきり声を出して応援合戦をやらせてあげたかったな。
そんなことを思いつつ、競技は進みます。

息子が「他学年も含めた全部の種目を撮っておいてほしい」と言っていたのですが、バッテリー容量にも限界があるので、ところどころカットしながら撮影し、息子たちの出るダンスと息子には縁のないリレーを残してバッテリーの残り時間が30分ほどありました。

いい感じじゃん、と思っていたのですけれども、バッテリーが劣化していたらしく、10分程度のダンスが終わった時点で残り8分になっていたので、一旦電源を落とします。
「リレーと表彰式は何とか撮れる」と思ったものの、劣化したバッテリーには、再度電源を立ち上げる余力は残っていませんでした。

妻に持たせた私のビデオカメラも同じような劣化具合と思いますが、予備のバッテリーを渡していますので、そっちは何とかなるだろうと。
「iPadだけでも撮れていればいいか」と自分を納得させてみたのですが、前の晩にiPadの充電をするのを忘れておりまして、この時点で充電容量が残り3%でした。
せめて表彰式だけでも撮れれば、という状況。
悔やんでも悔やみきれない失敗を犯しました。

結果発表、息子のチームは負けたかなと思っていたのですが、僅差で勝利。
優勝杯を手にすることができました。
何とかiPadでの動画撮影ができたので、それだけはよかったです。

優勝が決まった瞬間、全身で喜びを表現している息子の姿が、小さく映っていました。
本当にうれしかったんだろうな、そんな気持ちが伝わってきました。

優勝杯をかざしている姿を、お友達の親御さんが撮影してくださっていました。
「キベベワールドに載せてほしいなぁ」と言っていましたが、学校行事の静止画・動画等はWEBへのアップが禁止されているので、残念ですが無理です。

代わりに、私が全日本大学速記競技大会で優勝トロフィーをいただいている画像をアップすることでご勘弁。

547C78F9-6A47-4B9D-BFA4-A69520B3C2A3.jpeg


息子へ。

どんな小さな規模でも、どんなことでも、一生懸命取り組んだことに対して良い結果が出せたら、優勝できたら、気持ちがいいだろ?
また何かで優勝することができるよう、いろいろなことに全力で取り組んでくれよな。



  1. 2021/07/28(水) 22:48:08|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい深視力計を使ってみて

先月より導入した、覗きこみ式の深視力計(以下、二窓式)。

ixy_20210616_006.jpg

これまで何人かのお客様に使用しましたが、以前より用いております深視力計(以下、一窓式)に比べて、

dendou.jpg

格段に難易度が上がっております。

予想していたことですので別に驚きはしませんが、従来の一窓式深視力計で良好な精度が得られるにもかかわらず、新型二窓式での精度が悪い場合は、無理に二窓式に対応できる度数を模索しようとするのは得策ではないと考えます。

あくまでも、実空間での検査を行なう従来の一窓式深視力計において良好な精度を出せる度数を尊重すべきであり、その度数では二窓式への対応が難しい場合は、一窓式深視力計を用意している試験場・教習所を選択するようにお勧めしております。

これは当店の技術力が足りないということを認めているわけではありません。
実空間・5mでの最高視力(1.0以上)が得られる度数にて、新型二窓式での視力検査を行なった場合に最高視力が0.9以下になるケースも確認しております。
このことからも、実空間での感覚と二窓式(仮想空間?虚像空間?)を覗いたときに得られる感覚とが同等ではないかたがいることは明白であり、実空間(当店での検査距離5m)において虚像空間と同じ環境を作って検査をしようとすること自体に無理があると思われます。

どうしても新型二窓式で良好な精度を得たい、ということであれば、努力はいたしますが、ご期待に応えられない場合があることはあらかじめご承知おきください。

なお、誤解のないように申し添えますが、私は二窓式でも一窓式でも同じような精度は出せます。
無論、二窓式のほうが判断に悩むので、難しいことには間違いないのですが、「ほとんどの人が合格範囲に入らない」と言っているわけではありません。

当店に来られるのは、基本的に「深視力検査を苦手とする要因のあるかた」なので、そういうかたがたにとっては、そういう要因のないかたがたよりも格段に難易度が上がる、という話です。


  1. 2021/07/13(火) 22:36:14|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大学時代の後輩の活躍

私が「先輩・後輩」というつながりを意識するようになったのは大学に入ってからでした。

中学生の時は部活で特定の上級生(あえて先輩という呼称は使わない)から執拗な攻撃を受けていたので、「先輩」というもののイメージが悪かったですし、後輩とはコミュニケーションを取ることはほとんどありませんでした。
高校の時は部活に入っていなかったため、上下関係の中に身を置くことがありませんでした。

そういう背景の中で大学生になり、速記研究会に入会した私は、当初「先輩」に対してとても身構えていたのですが、過去の嫌なイメージが払拭されるくらい、本当によくしていただきました。

後輩が入ってきたら、自分がしてもらった以上のことをしてあげようと思いながら2年生になったものの、うちのサークルは構造的に「1年生と3年生」の関係性が強くなるという特徴があった上、私たちの代は1年生の時にまとまりがなかった反動が出たためか自分たちの代だけで固まってしまうことが多く、一つ下の代(以前に記事にした森田君の世代)とのコミュニケーションを積極的に取ることが多くありませんでした。

私自身、前述の様な大志は抱きつつも、一人っ子の上に、それまでまともに後輩と接したことがなかったこともあり、どうしていいかよくわからないまま1年経ってしまったという感じでした。
2年生の時の一年間は、そこが反省点というか、悔いの残るところです。

3年生になるにあたり、後輩の面倒を見るためには先立つものが必要であることを踏まえ、春休みには造園会社でアルバイトをして軍資金を捻出し、満を持して「研究指導部長」として1年生に速記を教える一年が始まりました。

「担任の先生」として、1年生みんなを公平にかわいがることはできなかったですが、一緒に過ごす時間が濃かったこともあり、私にとっては一番思い入れのある学年であったことは間違いなく、大学卒業後の神戸時代は、連続休暇での帰省中に同期には連絡しないくせに中大には足を運び、阪神淡路大震災の2か月後で交通インフラが不十分な中、卒業式にも駆けつけました。
以前に記事にした「なかじまくんと、さとこさん」もこの世代です。


と、前置きが長くなってしまったのですが、先般、司法書士と社労士のお力をお借りしたい案件が出てまいりまして、どなたに相談しようか考えた結果、「報酬を払うことになるのなら、後輩に払ってあげたいな」という思いがありましたので、前述の1年生だった後輩に連絡を取ることにしました。

結局、相談に乗ってもらっただけで、正規の報酬をお支払いするまでには至りませんで、粗品をお送りすることしかできなかったのですが、本当にありがたかったです。

一緒に学生時代を過ごしてからもうすぐ30年が経つものの、私の中では彼ら・彼女らはいつまでたっても1年生、18歳(19歳や20歳もいたけど)のままのように感じてしまうのですが、立派に社会で活躍されていて、アメリカ人なら、きっとこう言うと思います。

I'm proud of you.


それぞれの先生の事務所は下記のとおりです。
ご許可をいただきましたので、リンクをかけます。

向日葵司法書士事務所 (成田緑先生)

坂野上社会保険労務士事務所 (坂野上かをる先生)

かをる先生に関する以前の記事

当記事をご覧のかたで、ご相談が必要な案件がございましたら、ぜひ選択肢の一つとしてご検討ください。
「キベベワールドを見ました」とおっしゃっていただけると、何か特典があるかもしれません、知らんけど。


緑先生、かをる先生、どうもありがとうございました。
感謝申し上げます。

会食が許容されるような時期が来たら、お好きなものをお好きなだけご馳走します。
もちろん、ヒルトップ(中大多摩キャンパスの学食)でね。
ダメ?


  1. 2021/07/05(月) 22:45:38|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

検査テーブル納品

先月に壊れてしまった検査テーブル。

IMG_0291.jpg

ニデックさんのお心遣いで拝借していた代替えを経て

IMG_0302.jpg

先週納品されました。

ixy_20210625_013.jpg

代替えテーブルはポールの位置が逆で、最後まで慣れませんでした。
慣れないのにはもう一つ理由があって、テストレンズを収納するトレーが、(私にとっては)とても使いにくかったのです。

今回のテーブルも、今まで使っていたトレーは収納できないので仕方ないなと思っていたのですが、やはり効率が悪いので、廃棄せずにとっておいた旧テーブルのトレーを使うことにしました。

ixy_20210625_011.jpg

もちろん、現テーブルの引き出しには入らないので、ワゴンの上にのせて使います。

現テーブルの引き出しには、仮枠と予備のテストレンズをとりあえず収納しています。

ixy_20210625_016.jpg


新しいテーブルですが、旧テーブルよりも左側が空くので、そこに体を入れることで屈折検査はやりやすくなりました。

ただ、テーブル自体が全体に右に寄ってしまったために、検査室の入り口とテーブル(お客様が座られるほう)との隙間が狭くなりました。

ixy_20210625_015.jpg

47センチしかないので、このままでは車椅子が通れません。
このテーブルを申し込んだ時点で覚悟していたことですが。

元々、旧テーブルの配置を踏まえた上で検査室のレイアウトは組んでいたので仕方ないのですが、もう少し入り口を広くとっておけばよかったです。
(暗室にすることを考慮して、車椅子が普通に通れる最低限の幅に設計していました。)

現状、車椅子のかたは頻繁に来店されるわけではありませんし、検査テーブルのキャスターを可動状態に設定しているので、テーブルはそれなりの力で押せば動かせます。
ですから、支障はないといえばないのですが、ちょっと悔いが残る形になりました。


このテーブル、先日納品された深視力計よりもお高いです。
本当に想定外の出費だったので弱りました。
このお金で、別の欲しい機械が余裕で買えたのに・・・

ということで、売り上げを上げていかないとどうにもなりません。
皆様のご来店をお待ちいたしております。



  1. 2021/06/29(火) 23:09:10|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ