FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

運転免許試験場

昨日は、神奈川県警の運転免許センターへ、免許更新へ行ってきました。

地元の警察署でなく、なぜわざわざ運転免許センターへ行ったかというと、前回の更新の数か月後に新しい建物に引っ越したので、視力検査器具に変更がないか確認しておく必要があったからです。

あと、勉強熱心な私は「選ばれた精鋭のみが参加できる講習」に招待されていたから、というのもあります。
前回・前々回は2時間のプレミアムコースで、今回は1時間のアドバンストコースに格下げされましたが、警察署だと行ったその日に講習を受けることができず、あとから日時を指定されてしまうため、木曜しか都合がつかない私には具合が悪いのです。

胃カメラ→泌尿器科と周って中央林間駅から小田急に乗る算段でいたのですが、3分ほど胃カメラのクリニックから出るのが遅れたため誉体の電車に乗れず、泌尿器科へは車で行き、戻ってきて相武台前から電車に乗るという、何となく「間」が悪いまま二俣川へ。

二俣川駅からセンターまではいつも歩いているのですが、小雨が降っており、傘をさすのが大嫌いな私は、30年ぶりにバスに乗って行くことにしました。
しかし、ここでも「間」の悪さを発揮し、バスは行ってしまったばかりのようで、10分ほど待つ羽目に。
歩いたほうが早かったわけです。

新しい免許センターに到着。

ixy_20200123_003.jpg

館内撮影禁止のにおいがプンプンしたので、この一枚しか写真はありません。

最初の登録のみIT化されていましたが、あとの手続きはすべて人を介しており、従来と一緒でした。

さて、懸案の視力検査。
これまでの視力検査(深視力検査も含む)の機械はこのタイプでしたが、

kowa_20200124212136f9d.jpg

3台ともすべて、コンパクトタイプに変わっていました。
架台に載せているので、立って中を覗くスタイルは同じですが、奥行きが1mありません。
従来の機械より、深視力検査は難しく感じるかもしれません。

私は、対象の免許を持っていないので、実際に深視力検査の確認をすることができません。
なので、機種名の書かれたプレートを探そうと思っていたのですが、キョロキョロしている隙を与えられずに検査が始まり、どうにもなりませんでした。

なお、再検査の深視力計は、これに似た外観の

DPmachine_202001242121341d8.jpg

電動式であることは確認しました。

といっても、ハッキリ見たわけではなく、再検査室を何とか覗き込んで、端のほうにあった機械の一部が見えただけですが、この手の2.5m前方に据え置くタイプが用意されていることが分かればオーケーです。

ちなみに視力検査は、最初に右眼の0.3、次に左眼の0.3、次に両眼で0.7の視標をそれぞれ1個だけ提示されました。
正解した場合は1個だけの提示で、誤答すると複数提示されるのかもしれません。
わざと間違えて、どういう対応になるのか確認してみればよかったのですが、機種名を探すことに意識がいってしまっていて、その時は気が付きませんでした。

アドバンストコースの講習ですが、指定された教室に行くと先客が一人しかおらず、ホワイトボードを見ると、開始が40分後でした。
あと少し早ければ、つまり、歩いてセンターに来ていれば、1つ前のクラスに入れたと思われ、最後まで「間」の悪さを引きずりました。


新築の献血ルームも併設されていましたが、胃カメラで組織を採取した際に止血剤を使っており、影響はないと言われたとしても、ベストコンディションではないわけで、おとなしく帰ることにしました。

前回の更新は3年前でしたが、髪の白いのが少し目立つようになった気がします。

ixy_20200122_002.jpg



ixy_20200124_004.jpg

もう「39歳」と言っても、疑われるでしょうね。

次の更新は5年後。
果たして、どのコースに招待されるのか?













  1. 2020/01/24(金) 21:47:22|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日は胃カメラ

明日は3年ぶりくらいに経鼻内視鏡検査です。
生活習慣病健診で毎年バリウム検査はやっていますが、やはり内視鏡検査が確実です。

今夜は21時までに夕食を済ませるという指示が出ていました。
仕事の日にそんな早い時間に夕食を摂ることがないというか、仕事が終わっていないのに食事をするのは嫌なのですが、まぁ仕方ありません。

私は咽頭反射が強いので経鼻とはいえ内視鏡検査は苦手です。
なので検査前夜は、景気づけに、斜め向かいの台湾料理店さんで、福園ラーメン(いわゆる海鮮ラーメン)とライスをいただくのがルーティンになっています。
今夜もそのつもりで、21時に食べ終わる時間を見計らって足を運んだのですが、まさかのお休み。

困りましたが、どうにもなりませんので、ライス無料で食べ放題のラーメン屋さんでとんこつ大盛りを食べようと、気持ちを切り替えて向かったものの、こちらもお休み。

どちらも、お店のかたは日本人ではありませんで、春節前にお休みを取ったのかな、なんて考えつつ、別のラーメン屋さんに行ったら、そこも臨時休業でした。
厨房のお兄ちゃんは日本人なんだけどな、何でだろう。

「今夜はラーメン」という体になってしまっているため、今さら他のものを食べたくはありません。

薄着で出てきてしまったので、歩いていくには少し寒いけれど、海鮮ラーメンを出してくれる中華料理屋さんまで行こうか迷ったものの、行って休みだったら21時過ぎてしまうし、電話で確認しようにも携帯持ってきていないし・・・

NEWS・小山くんのご実家のお店に足が向かいかけましたが、メニューを把握していません。
優先順位としては海鮮ラーメン→とんこつラーメンなので、とんこつが確実にメニューにある、駅ビルの日高屋さんに行くことにしました。
息子が保育園時代に池袋のお店に入って以来です。
とんこつラーメンの大盛りと、ライスの大盛りをいただいてきました。


福園ラーメン、食べたかったな。



  1. 2020/01/22(水) 23:01:13|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「赤い男」活動休止

長きにわたり、箱根駅伝での中央大学の健闘を祈願し続けてきた「赤い男」。
ごく一部のかたから、正月の風物詩として絶大な支持を得ておりましたが、この度、その活動を休止する決断をいたしました。

中大の襷の色に敬意を表し、赤い色を身につけて応援しようと、パシフィック大のウォーマーパンツを着用し始めたのが「赤い男」のスタートでした。

その後、ユニクロの赤いコートを着るようになったりして、少しづつ赤味が増え、当ブログで「赤い男」を名乗るようになったのが、どうやら2011年の1月。

2013年、この格好で参戦したところ、5区途中棄権という悲劇に出くわします。

1301043.jpg

これを機に、ミズノのウォーマーパンツとベンチコートを購入し、インナーも変え、再出発。
以後毎年バージョンアップを加えていったものの、中大の成績は一向に上向かず。

藤原監督に代わって、さぁこれからと盛り上がった矢先に予選会で落選し、「赤い男」で行くわけにいかないからと白いベンチコートを着て箱根へ行ったこともありました。

予選会通過祈願行脚と称して、箱根駅伝往路を別バージョンの「赤い男」で歩いたりと、数々の実績を積んでまいりましたが、前々回大会あたりから「赤い男」の神通力に限界を感じ始め、予選会で落選したら「赤い男」は引退しようと考えたりもしておりました。

赤は私の一番好きな色でありますし、トレードマークでもあり、断腸の思いではありますが、藤原監督が今年の復路報告会で「覚悟ができた」とおっしゃられていたこともあり、私も覚悟を決めた次第であります。

今年の6区で撮った画像を見て、正直「何か違うな」と思ったというのも、決断に至った理由の一つでもあるのですが。

ixy_20200103_042.jpg

↑これでは赤いタオルが映えないわけです。

中大の白いユニフォームがあってはじめて赤が映えるのだと。
中大を応援するのなら、ユニフォームの色、白を基調にすべきだったのではないか。

そうした思考回路に基づき、「赤い男」の後任として「白い男」が着任いたします。

イメージ画像↓

IMG_9637a.jpg

この時は、ベンチコートを脱いだら「赤い男」でしたが、白いウォーマーウェアを上下用意しましたので、今後はベンチコートを脱いでも「白い男」。
予選会を落ちて仕方なくの「なんちゃって白い男」とは別物です。

なお、「白い男」のコンセプトは、「ユニフォームの白と襷の赤との融合」。
したがいまして、リュックは従来通り赤でいきますし、下着も赤にします。
なので、正確には「白赤の男」なり「白地に赤の男」などと称するほうが実態に即しているかもしれません。

今年も予定しております「予選会通過祈願行脚」も、「白い男」で臨みます。
既に衣装は揃えました。
まずは、芦ノ湖畔の「駅伝の碑」へ「白い男」であいさつに行きたいと考えています。

現在使用中のフェイブックやLINEのアイコンも、

14590316_1162988233786542_6684253746592216224_n.jpg

良い写真が取れれば「白い男」バージョンに変えたいと思います。

白も好きな色ですし、箱根駅伝出場校のユニフォームの中では、中大の白いユニフォームが一番美しいと思っています。
剣道をやっていた小学生のころ、白い剣道着に憧れたこともありましたし、白を身につけることに抵抗はありません。

ただ、「自分に似合うのは赤だな」と勝手に思っています。


というわけで、中大を応援するための手段として「赤い男」を選ばない、というだけの話であって、これからも中大の応援は変わらずに続けますし、日常生活で赤を身につけることもやめません。
その点は、誤解なさいませんよう。


春になったら「白い男」のデビューです。
変わらぬご支援をお願い申し上げます。

頑張れ、中大!!

  1. 2020/01/20(月) 21:20:27|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

抽選会

今日は、「座間市相武台商店会・年末年始大売り出し」ガラポン抽選会の日でした。

例年どおり、城南信用金庫さんのご厚意で、駐車場をお借りしての開催です。

ixy_20200119_004.jpg

息子もお手伝いとして参加。
玉の数を数えたり、当たりが出たら鐘を鳴らしたり、楽しくやらせていただけたようです。

皆さん、お疲れさまでした。

お寒い中、足を運んでくださったお客様がた、ありがとうございました。





  1. 2020/01/19(日) 22:03:50|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

49

また一つ、歳を取りました。
来年は、いよいよ50です。

定年はありませんが、自分が動けなくなった時点で強制終了となる仕事です。
体は大事ですが、かといって、のんびり・のほほんとやっていたら、やっぱり強制終了になります。
もっともっともっと追い込んでいかないと、これからの時代は生き残れません。

今まで以上に、日々危機感を持ちつつ精進していきます。


5580F814-95DB-4F78-88E9-B61A15D70D6B.jpeg

ようやく、体年齢が実年齢を下回りました。



  1. 2020/01/14(火) 21:26:52|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日より営業です

新年の営業を開始いたしました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

せっかくの初売り当日、加工機の水が出なくなりました。
2か月前と同じです。

大晦日の夜に、加工をしようと思ったら水が出なくなったのですが、その時は少しいじっていたら復旧しました。
今回は、全くダメです。

2か月前は、水を出そうという気概を加工機から感じたのですが(モーター音がするので)、今回はやる気を感じません。
重症かもしれません。

砥石は回るので、前回同様にホースで水をかけて対処しましたが、出鼻をくじかれた感じで気分が悪いです。
明朝、メーカーさんに電話を入れます。

なお、現時点では加工自体はできるので、ご迷惑をお掛けすることはないと思います。


  1. 2020/01/05(日) 22:25:24|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2020 箱根駅伝 6区 

5区は、こちら

8年ぶりのシード獲得へ一縷の望みを託して、今年も函嶺洞門へ向かいます。

今年は、グータラしていたいと言う息子を、妻が半ば強制的に連れ出しました。
息子から「行きたい」と言い出したのならともかく、正直、私はこの二日間のために一年をかけておりますため、足手まといになって台無しにされても困るのですが、最終的には命に支障がない限り、妻子は置きざりにして、自分のための行動を取ることにします。

箱根湯本駅前到着は8時ごろ。
選手走行車線側の駅前バス停付近は既に場所取りされていますが、途中の商店街は、まだ余裕があります。

ixy_20200103_039.jpg

しかし、新旭橋から観客が増えてきます。

下り坂で長い距離を見られるので人気があるのはわかりますが、ここではテレビに映りません。
定点カメラの捕捉エリアに入ります。

確実に映るカーブの中央付近は東京国際大学の旗を持った人たちで占拠されていますので、どうにもならず、その先も埋まっています。
見やすい場所なのですけれどしかたありません。

ixy_20200103_040.jpg

去年と同じ、見にくい場所で我慢です。

DA23A11A-9C61-4F43-BFA8-6F272146616A.jpeg

息子がいますし、もう少し戻って、見やすい場所でとも思ったのですが、今年は観客の出足が早く、ここしか空いていませんでした。

赤い男 2020。

ixy_20200103_042.jpg


数年前から、反対車線での観戦は警察からダメ出しを食らっていましたが、去年から再び黙認されつつあります。

ixy_20200103_041.jpg

本音は向こうに行きたくてしかたないのですが、渡ってから「そこは観戦禁止です」と移動を促されたらアウトですので、我慢します。

中大の6区は、1年の若林選手。
下りの適性を見込まれての起用と察しますが、日テレの速報マップを見る限り、区間賞を狙えるような快走をしている様子はなさそうです。

1位青山学院通過。

mts_000007340.jpg

この後、適宜、反対車線を車が走りました。
反対車線の観客を牽制する意味もあったかもしれませんが、目の前に車が止まってしまったら悲劇ですので、やはり反対車線で見るのはリスクを背負います。

若林選手、通過。

mts_000284584.jpg

mts_000285418.jpg

mts_000288321.jpg

mts_000289889.jpg

ここからの3.6kmは下りの傾斜が緩やかになりますから、踏ん張りどころ。
何とか粘ってほしいです。

6区選手通過の様子(法政大まで)。



時間の都合により、若林選手の通過を見届け、筑波大を残して撤収。

息子は、淡々と選手の通過を見ていた私が、若林選手が通過した途端に豹変したことにウケていましたが、往路・復路併せても数十秒にしかならない、ほんの一瞬にすべてをぶつけているのですから当たり前です。

今年は往路はもちろん映りませんでしたが、復路も函嶺洞門の定点カメラはほとんど活躍せず、本人すら視認できないレベルのワンシーンしか映りませんでした。

ixy_20200103_061.jpg

東海大を追いかけるバイクカメラに絶対映っていると思っていたのですが・・・
来年からは、見たいところで見ようかと、考えを改め始めているところです。


ということで、往路13位、復路12位 総合12位ということで、今年の箱根は終わりました。

1年生2人が頑張ってくれたこと、二井選手が最後の箱根で区間6位の走りを見せてくれたことはよかったですね。


今年の上位10校、10年前とは大きく変わっています。

ixy_20200103_053.jpg

来年も厳しい戦いになりそうです。
走った選手の中で4年生は1人、9人が残るのは強みですが、予選会を通らないことには話になりません。

「今年も予選会突破祈願行脚か・・・」と思いますが、粘り強く応援したいと思います。

それから・・・
中大の襷の色を尊重した「赤い男」で臨むようになってから、満足のいく結果が得られていません。
ここ数年、ずっと気にかけていたことですが、そろそろ決断の時期かもしれません。
来年は、ウォーマーとベンチコートに関しては、中大のユニフォームを尊重して「白い男」に切り替えようか、真剣に悩み始めました。


選手の皆さん、お疲れさまでした。
来年も箱根で会いましょう。

頑張れ、中大!!

  1. 2020/01/04(土) 15:42:25|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ